中国語医療通訳 講師の紹介

王 崇新/ Wang Chongxin(担当科目:座学)

中国天津医科大学卒業後、天津医科大学大学院で医学修士号取得、1985年天津医科大学病院小児科に勤務。


1999年に来日、2000年に順天堂大学医科博士号取得、2001年から順天堂大学研究員、2006年からヤクルト中央研究所のプロバイオテクスの研究メンバーとなり、2009年順天堂大学非常勤講師。


臨床と研究者の実績を背景に2012年より医療通訳講座を指導。

 

松永 悠 / Yuu Matsunaga(担当科目:座学)

2013年医療通訳者として働き始め、2017年に医療通訳士技能検定試験1級に合格した。


医療通訳としての経験は人間ドック、一般診療、不妊治療、再生医療等、現在はガンを中心した高度な医療通訳を担当しております。


医療通訳講師としてつくば市国際交流協会主催の医療通訳者育成講座も担当しております。

 

蘇 馨 / Su Xin (担当科目:ロールプレイ)

横浜国立大学教育学部卒業。


2014年〜大和証券企業研修講師


2015年〜アイエスエス通訳者翻訳者養成学校 中国語通訳科専任講師


2016年〜華為ジャパン企業研修講師


2017年〜医療通訳養成コース 講師


日本医療通訳協会研究員


フリーランス通訳歴15年、2015年に日本医療通訳協会主催の技能検定試験1級を取得。


現在日中国際医学交流のセミナー通訳をはじめ、会議同時通訳、司法通訳など幅広いジャンルの通訳現場で活躍している。


 

      

白川 忍 / Shinobu Shirakawa(担当科目:倫理)

2003年看護士免許取得。2009年6月中国華中科技大学附属同済医学院卒業。


2009年7月より海外から日本へ治療を受けに来日する患者のコーディネートや医療通訳をはじめ、中国国内から日本への緊急搬送時のフライングナース、東京外国語大学等での医療通訳者育成のための教育やセミナー、中国医療機関への医療指導プロジェクト、国際医療福祉大学にて非常勤講師を担当しております。